07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

舐め犬募集サイト紹介

オスブタ箱

舐め犬 募集 オスブタ箱

燃え滾る舐め犬への情熱!
寒い時期には熱い気持ちの女王様の
お相手をさせていただくのが一番!
燃え尽きるほどクンニできる良サイト!

[オスブタ箱]サイト攻略を見る

痴女Mania

舐め犬 募集 痴女Mania

オーラルセックス大好き!
舐め舐めプレイにハマる痴女様が大集合。
だからこそ叶うクンニな出会いが
貴方をお待ちしています!!

[痴女Mania]サイト攻略を見る

2006.11.03 (Fri)

相手との関係が変わるとき

彼女と出会ってから、もう1年くらいになっていました。

お互いに相手の性感帯とかも知り尽くす位の仲に
なっていたのですが、
だんだんプレイもマンネリ化してきたのです。


その日も、2人で抱き合ってセックスした後、
いつもの様に最後はフェラ奉仕をしてもらうことになりました。

言葉に出さなかったのですが、その時心の中では
フェラチオだと物足りなく感じていたのです。


それが相手に伝わったのか、

「ねぇ。好きなようにしてもいいよ?」

って言ってくれたのです。


いつもは自分から動かなかったので
いざとなると緊張してしまいます。

彼女の頭を手で固定して、
一度、グッと喉の奥まで突っ込みました。

喉の奥に亀頭がコツンと触れる感触がした時、
彼女が苦しそうに顔をしかめました。

「大丈夫?苦しいならやめようか?」

と彼女に聞いたのですが、
彼女は私を上目づかいにみながら
かすかに首を振りました。


その後も、彼女は苦しそうな顔をしながら、
一生懸命してくれました。

彼女の心使いに感動したのもありますが、
いつもと違って強引に責めていたため、
彼女の全てを征服した気分になっていました。

最後は、彼女の口の中で果てました。
いつもは口の中で出しても吐き出してしまうのですが、
その時はすべて飲み込んでくれました。

その後、彼女が恥ずかしそうに言った言葉。

「時々なら、こんな風にしてもいいよ。・・・ご主人様」


それから、私たちの同等だった関係が
少しずつ変わっていったのでした。

12:05  |  クンニの豆知識  |  Comment(0)

舐め犬募集サイト紹介

オスブタ箱

舐め犬 募集 オスブタ箱

燃え滾る舐め犬への情熱!
寒い時期には熱い気持ちの女王様の
お相手をさせていただくのが一番!
燃え尽きるほどクンニできる良サイト!

[オスブタ箱]サイト攻略を見る

痴女Mania

舐め犬 募集 痴女Mania

オーラルセックス大好き!
舐め舐めプレイにハマる痴女様が大集合。
だからこそ叶うクンニな出会いが
貴方をお待ちしています!!

[痴女Mania]サイト攻略を見る

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop