08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

舐め犬募集サイト紹介

オスブタ箱

舐め犬 募集 オスブタ箱

燃え滾る舐め犬への情熱!
寒い時期には熱い気持ちの女王様の
お相手をさせていただくのが一番!
燃え尽きるほどクンニできる良サイト!

[オスブタ箱]サイト攻略を見る

痴女Mania

舐め犬 募集 痴女Mania

オーラルセックス大好き!
舐め舐めプレイにハマる痴女様が大集合。
だからこそ叶うクンニな出会いが
貴方をお待ちしています!!

[痴女Mania]サイト攻略を見る

2006.11.15 (Wed)

ノーズプレイ~鼻血がでないようにご注意を~

「今日はコレを使ってみましょう。」

と言って女王様が見せたもの。
それは鼻フック。


私に拒否権はありません。
犬のように四つんばいの体勢にさせられて、
そこに女王様が乗っかります。
そして、頭の後ろから鼻フックが装着されました。

最初は「何てことはないな」などと思っていたのですが、
グイッと引っ張られると、そんなコトは言ってられませんでした。

鼻だけでなく、顔面が上にひっぱられていく感覚がします。
口が半開きになって、涎が垂れていきます。

「きったないわねぇ~」

いつの間にか前に移動したのか、
そう言って笑いながら、私の背中に鞭打つ女王様。

鞭打たれる度に、私の顔は苦痛にゆがみます。
また、鞭打たれる衝撃で顔が揺れるので、それでさらに歪む私の顔。
きっと、何とも言えない表情になっているでしょう。

それが気に入ったのか、女王様は鞭打つペースを早くしていきました。
それにともなって、
鼻フックを引っ張る強さも強力になっていく訳です。


引っ張り続けられて、鼻の感覚がなくなって来た頃。
鼻から口元にかけて、何やらドロリとしたものが流れる感じが。
それが口に入ってきたので、少し舐めてみました。
この鉄のような味は・・・。

「あの・・・女王様。私の鼻から鼻血出てないでしょうか?」

引っ張りながら鞭打つのに夢中だった女王様。
私の声で我に返ったようで、
「へ?」
などと素っ頓狂な声を上げて、私の顔を覗き込みました。

どうやら鼻血はものスゴイことになっていた様です。
すでに顔全体は真っ赤で、さらに胸やら腹にまで流れていた様子。
それを見て「ブッ!」なんて吹き出して、
ケタケタ笑い転げる女王様。

・・・女王様、笑いすぎです。


それから女王様が復活するまで10分くらい
笑い転げていました。

その間、私は鼻血の流れすぎで貧血になるのではないかと心配で仕方なかったです。

10:34  |  クンニの豆知識  |  Comment(0)

舐め犬募集サイト紹介

オスブタ箱

舐め犬 募集 オスブタ箱

燃え滾る舐め犬への情熱!
寒い時期には熱い気持ちの女王様の
お相手をさせていただくのが一番!
燃え尽きるほどクンニできる良サイト!

[オスブタ箱]サイト攻略を見る

痴女Mania

舐め犬 募集 痴女Mania

オーラルセックス大好き!
舐め舐めプレイにハマる痴女様が大集合。
だからこそ叶うクンニな出会いが
貴方をお待ちしています!!

[痴女Mania]サイト攻略を見る

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop